京つう

  日記/くらし/一般  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

絵本デザイナーの本領発揮

2014年11月20日

絵本デザイナーの奈美

店員は二人に様子を不思議そうに見守りながら、首をかしげる。
「既製品にはございませんが、オーダーなら、承ります」
「オーダー!」
デザイナー、奈美の目が光る。
「なになに、それって口頭でいいの?それともデザインのスケッチが必要?」
「あの、お客様は、デザイナーさんでいらっしゃいますか?」
奈美はうなずく。
「では、スケッチいただければ、間違いなく、同じデザインのものをご用意させてもらいます。あと、配色や生地の種類など、詳細もご指示いただければ幸いです」
祐介はあきれる。
「なんで、寝室だけ、オーダーメイドカーテンなんだよ」
「だって、他のカーテンはほぼ私のイメージ通りのものがあったから。それに、寝室ではいつも笑っていたいし」
「いつまで引っ張るつもりなんだ」
十数年経っても、このネタをひっぱることになろうとは、今の祐介も奈美も予想だにしていなかった。

生地だけ指定して、祐介の部屋に戻ってきた奈美はさっそくカーテンのデザインを始める。
奈美は自宅暮らしだったが、長い付き合いの間に、デザイン用品一式が祐介の部屋を占領していた。
「君がハマったツボがなんであれ、上品なデザインでお願いします」
祐介の言葉に、奈美はふくれる。
「私は絵本デザイナーよ。ロマンたっぷり、いい夢見そうなデザインにするからご心配なく!」

翌朝の日曜日。
奈美は夜を徹して、カーテンのデザインを仕上げたらしい。
スケッチ・ブックに、クレヨンで描かれた、そのデザインを見て、祐介は微笑んだ。
紺色の布地に、柔らかそうな白い羽根が透き通るように点在して描かれている。
カーテンの片隅には、やさしい目をした、美しい白い母鳥の姿。
その脇の下には、また毛も生えそろっていないヒナ鳥が3羽、ウトウトと幸せそうにまどろんでいる。
「奈美ちゃん、天才」
祐介は、テーブルでうつぶせて寝ている奈美の髪をそっとなでる。
奈美は、思い出し笑いか、くくくっと肩を震わせ笑っている。が、確かに眠っている。
祐介は溜息をつきながら、笑った。
「これからの君との毎日は、不思議な笑いでいっぱいになりそうだね」  

Posted by 弘せりえ at 17:29Comments(0)短編

風水が必ずしも正しいというわけではない

2014年11月15日

招き猫

そういうお客さんも多いようで、店側も、風水の表みたいなものを用意してくれている。
カーテン売り場の責任者らしき店員は言う。
「風水が必ずしも正しいというわけではないんですが、何事も悪いよりは良いほうがいいですし、もし商品選びに悩まれているのなら、ご参照ください。でも私どもは、お客様のフィーリングが一番大切だと考えておりますので、お気に入られたカーテンが風水のラッキー・カラーでなくても、ご自身のセンスや直感を大切にしてくだい」
ひとつのツールとして風水を提示しつつも、最後は自分で決めろ、というオブラートに包んだアドバイスが、店員のキャリアを感じさせた。

一方奈美は、自分もそのつもりだったらしく、リビングには小さなお花柄のカーテンを選び、風水で色をチョイス、でも、自分の思っている色の方がよければ、風水却下で、自分のイメージを大切にした。温かい薄桃色の生地に、点々と小さなお花が散りばめられたカーテンは、リビングで過ごす時間をなごませてくれるだろう。

ダイニングは自然系を選ぶ奈美。森林浴ができそうな爽やかなものになった。さすが絵本デザイナーだけあって、いい趣味をしていると、祐介は感心する。

最後に、寝室のカーテン。
また笑いがぶり返しそうになった奈美をつねる祐介。
しかし、なんだかんだ言いつつ母鳥のワキ毛羽根布団を購入してしまっているので、やはりその発想から抜け出せない。
奈美はくすくす笑いながら、店員に
「鳥とか羽根をイメージした柄はないのかしら?」
と聞く。
「なんでカーテンまで、鳥にこだわるんだよ」
小声で抗議する祐介に、奈美はふふん、と笑う。
「だって私たち、酉年じゃん。それにさっきの羽根布団・・・」
笑いかけた奈美の口を祐介は思わずふさいで店員にたずねる。
「す、すいません、そんな柄って、ないですよね?」  

Posted by 弘せりえ at 10:24Comments(0)短編

転職した奈美

2014年11月11日

カップル

クリスマス・パーティなども大がかりに行い、何人かのカップルを誕生させた。
しかし不思議と、二人が付き合い始めたのは、奈美が今の、絵本デザイン会社に転職してからである。
それまでも、なんとなくお互い好意は持っていたが、せっかく祐介が誘ったバーで、奈美が眠り込んだり、と、ちぐはぐな関係が続いていた。

そんな奈美が転職することを聞いて、祐介は改めて自分の気持ちに整理をつけた。
このまま奈美を手放してしまっては、なんと空虚な毎日となることだろう。祐介がそこまで思いつめていたかどうか、今では定かでないが、とにかく、奈美の転職を機に、二人の交際が始まった。

祐介はプライベートで奈美に会えることで、ますます仕事をがんばれたし、奈美も転職してばかりで不安なときに、何度も頼り甲斐のある祐介に支えられた。

そして、今年の春、転職からわずか3年で、奈美は絵本デザインの賞を取った。
奈美本人よりも喜ぶ祐介。それを見て、奈美は、ずっと祐介といたいと思った。そして
祐介が成功したときは、今と同じくらい、喜んであげたいと思った。

しかし二人の個性は正反対で、祐介は見た目チャラいわりには、家族思いで、地に足がついた堅実家だった。
一方奈美は、見た目は大人しいお嬢様風だったが、どこか浮世離れしていて、突飛な発想で、社会生活にさし障りがない程度に、いい加減なところがあった。
たとえば、祐介が真剣に人生相談していても、奈美のほうを見れば、口を開けて、眠っている。
そんな呑気さに、祐介は時に腹をたてたりもしたが、つまるところ、やはり女性のほうが強いんだな、と失笑したりもした。

二人はカーテン売り場に着いた。
奈美は風水をもとに、カーテンの色や柄を選んでいく。  

Posted by 弘せりえ at 11:18Comments(0)短編

大型家具店にやってきた

2014年11月08日

ソファー

成田祐介と山崎奈美は、結婚式を間近に控え、今日は大型家具店にやってきた。

リビング、ダイニング、キッチン、寝室の家具を一通り選び歩いたあと、次はカーテン売り場に向かっている。

その間、奈美は、人目をはばかるほどの、思い出し笑いの連発だった。
「君の笑いのツボがよくわからないな~」
祐介は、笑っている奈美がおかしくて、つられて笑いつつ、突っ込む。
「だって、だって・・・」
奈美は笑いをこらえながら反論する。

それは、寝室家具売り場での出来事だった。
最高級羽根布団の説明を新人の女の子が必死に説明していた。
「なにが特別かと申しますと、この羽根布団は、すべて、母鳥のワキ毛を使用しているんです」
「母」と「ワキ毛」というキーワードに、プッと奈美が吹き出し、それから笑いがとまらなくなった。店員はますます真剣に説明する。
「母鳥は、ワキの下で、ヒナを温めるので、そのワキ毛は、どの羽根の部分より、柔らかく軽く温かいんです」
もっともな説明に、祐介はふむふむとうなずいていたが、奈美の笑いにスイッチが入り、それ以上の長居は不可能だった。

「君の笑いのスイッチは、ところかまわず入るね。それに、ツボがいまひとつ掴めない」
祐介はカーテン売り場に向かいながら、まだ笑っている奈美に呆れて言う。
奈美はいたずらっぽくたずねる。
「笑いのスイッチがわからないのと、怒りのスイッチわからないの、どっちがいい?」
「・・・そりゃ、笑いのスイッチ・・・」
「じゃ、よかった。私は理由なき怒りのスイッチないからさ」
不思議な説明に、首をかしげる祐介。
「でも、母鳥のワキ毛・・・」
また吹き出す奈美をさすがに祐介は小突いた。

祐介と奈美は、元々同じ会社の同期だった。元の会社が企画会社だっただけに、いろんなイベントを他の同僚たちと行ったものである。  

Posted by 弘せりえ at 14:32Comments(0)短編